• 手作りの茶壺を選択仕方

    美味しいお茶を入れるように、良い茶葉を使いのは第一要素です。第二重要なのはお茶を入れ方です。お茶の量、お湯の温度、時間は三つ大事なカギです。違い茶具でお茶を入れるのは多少影響しますが、ところがお茶は主役です。茶具は良いお茶をできあがるため大事な脇役です。

     

    お茶をよく飲んでる方はそういう経験はあると思います。白磁蓋碗でお茶を入れる人がいる、それは値段安いし、清潔しやすいです。このような入門の茶具を使います。普段、一人だけお茶を飲んで、美味しいお茶をできるならどんな茶具でも構いません。友達数人と一緒にお茶を飲む場合、ユニット茶具を使いことは結構重要なポイントになります。

     

    手作り茶壷で功夫茶を入れるのは茶道での基本です。良い茶壷を使い、お茶湯の品質を高めるし、さらに収蔵品としての価値もあります。なかなか良い茶壷を出会い難いではありません。正しい選び方があれば、良い茶壷が得ります。売り場はいろんな手作り茶壷を販売して、どうやって選びますか?下記のポイントはご参考になります。

     

    容量

     

    伝統的に4杯また6杯等で容量を表示します。この説明はあまりにも一般的です。人それぞれ使い茶杯のサイズは相違あります。一番良い方法はお茶を飲む人数と家にある茶杯のサイズを参考して茶壷の容量を決めます。大きい茶壷の容量が多いので、余ったお茶は勿体無いです。小さい茶壷では入れるお茶はいつも足りないの失敗になります。

     

    器の形

     

    茶器の性格と自身の望みを追求することはお互いに関連してあります。茶壷は壷身、壷蓋、壷嘴、壷把で構成されて全体的に茶壷の外観になります。美しい茶壷はこれらの部分は自然なボディーラインを示して、古典、素朴、現代、生意気、繊細、更に可愛い器の形等、お茶を入れながらいつもじっくり味わうことが出来ます。

     

    人はそれぞれ美感の論理は根本的な相違があります。これは一般だし、是非に及ばずことです。人生の経歴と違う段階の相異で感知の感動ポイントも違います。ある作品を見た時点でドキドキする人もいます。その器から出た雰囲気と自分自身あったことを強い共鳴が起きます。器の形を選ぶ際、個人的の美感により、自分が好きな茶壷を選出できます。

     

    重心

     

    陶芸家の作品や使用する泥、スタイルなどそれぞれ違います。同じの陶芸家でも違い造形の茶壷は違い壷身、壷蓋、壷嘴、壷把で構成されています。実際に茶壷を試用してみて、使いやすいかどうか、それも重要なポイントです。

     

    お茶の出具合

     

    良い茶壷は注目される器の形とセンス、お茶の出具合はお茶入れの基本です。水を入れた茶壷の出具合でお茶入れはスムーズに使えるかどうかのも確認できます。

  • の種類

    異なる茶樹の上側に葉っぱや若芽、それぞれの製茶加工作業を行いまして、いろんなお茶を出来上がります。一般的に、茶葉と茶湯の色で分類して、綠茶、黄茶、白茶、青茶(例:包種茶、ウーロン茶)、紅茶と黑茶(例:プーアル茶)等六大分類に分けています。

    世界通用のお茶分類の方式はお茶の製造工程にお茶の発酵程度より分類します。不発酵茶(例:緑茶、黄茶)、半発酵茶(例:白茶、包種茶、ウーロン茶等)、全発酵茶(例:紅茶)、後発酵茶(例:プーアル茶)。

     

    発酵(Fermentation)また茶葉の酸化作用(Oxidation)を呼びます。茶葉中のカテキン(catechins)は酸化後、酸化物のポリフェノール重合体になります。例:テアフラビン(theaflavins)、テアルビジン(thearubigins)。酸化程度により、ポリフェノール重合体の種類は多くなります。製茶作業中、酸化作用が高いの茶葉は例:紅茶または重発酵類のウーロン茶。茶湯の色はオレンジ赤色、中国大陸プーアル茶は後発酵の製造作業で、黒茶の品質特性の発酵効用で特殊な黒茶色茶湯は微生物も後発酵を参加した結果です。

    六大茶の分類と発酵程度

  • ウーロン茶の紹介

    ウーロン茶は不発酵綠茶と全発酵紅茶の間のお茶です。種類は多いです。台湾文山包種茶、凍頂ウーロン茶、木柵鉄観音ウーロン茶、白毫ウーロン茶と中国大陸の閩南安渓鉄観音、閩北武夷岩茶等含まれています。これらは六大茶分類の中に、青茶を所属し、即ち半発酵茶ともいい。。外国人はこれらのお茶はウーロン茶(Oolong Tea)を呼びます。ウーロン茶は六大茶の中に一番豊かな多様的な茶種と認識されています。茶樹品種により、産地、摘み取った成熟度と製茶工芸等の相異でいろいろな自然な花の香り、果物の香り、ミルクの香り、種実類の香り等を表します。中身とレベルで相当な複雑と注目される茶種です。

     

    ウーロン茶の香りと言えば、一般的に水色、香り、味を楽しめます。特に香りはお茶の品質を評価する大事なポイントです。お茶の香りにはセンスと茶樹の品種、産地、季節、製茶工芸に関わっています。下記内容はこの四つの原因となる影響を説明します。

     

    茶樹の品種

     

    茶葉組織に柵状組織の葉は海綿状組織の葉より濃い香気成分があります。一般的に言うと、中小葉種は大葉種より厚めの柵状組織があります。ですから、香気成分の合有量は大です。よく不発酵または半発酵茶を使われています。大葉種の茶樹の香気成分は少ないけど、製造工芸で人好きになれる香りを作れます。ほとんど全発酵茶または半発酵茶を使われています。
     

    いろんな品種の茶樹はそれぞれの香気があります。半発酵茶の各産地で各自栽培しているメイン品種を発展しています。台湾で主な茶樹の品種は青心ウーロン茶、金萱茶、翠玉茶と四季春茶です。これらの品種は各自の特徴がありまして、品種による香気もそれぞれです。言葉で説明しにくいです。いろんなお茶を召し上がって頂けたら、その相違をより分かりやすくなります。

     

    産地

     

    同じの茶樹にしても、違い地域で植えて、気候条件により(日光照射時間、気温、雨量)、茶園の向き方位、土壌特性等相違で、全然違い産地香気を出ます。

     

    季節

     

    同じ産地同じ品種の茶樹にしても、違い季節、気候の変化により、葉の香気成分は全然違いが出ます。台湾には、一般的に冬茶と春茶は一年中品質一番良い季節のお茶とみられる。冬茶の茶湯はさっぱりし、苦味や渋味もすくなく、春茶では濃い香気を持っています。夏は高温の成長環境で茶葉の品質は春茶と冬茶のような繊細な優雅の香気を持ってなく、しかし特殊な季節の香気を持ち、紅茶を使われています。

     

    製茶工芸

     

    製茶加工はお茶の香気の良さを決める要素です。さらに生葉を摘み取る当日天気は良いお茶を作るの先天的な条件になります。葉の成熟度、摘み取り時期、製造ほうほなど、香気の良さを決めるの後天的な要素です。人間は天気の変化をコントロールできません。しかし、経験と技術がある製茶人員は天気に従って摘採時間と製造作業を調整しながら、茶葉の香気の品質を確保できます。

     

    上記の各種な要素で良質なウーロン茶は特殊な香り(aroma)、風味(flavor)、良いのどごしなどを持ち、豊富また多段階の味わいがあります。ある種のウーロン茶は何回浸すもできます、功夫茶の入れ方で作るとき、毎回お茶を浸すと様々の味があります。さらに異なる淹れ方を使用し、一種のお茶でもたくさん味の変化もできます。それは何故ウーロン茶は人に魅せる主要な理由です。

  • の発酵(Fermentation)焙煎(Roasting)

    発酵(Fermentation)と焙煎(Roasting)はウーロン茶の製茶工程の中によく言われる重要な作業です。発酵(Fermentation)また茶葉の酸化(Oxidation)作用を呼びます。発酵程度によってどんなお茶をできます。異なる茶種はそれぞれ発酵(Fermentation)程度があります。同じの茶樹は違い発酵程度で緑茶(不発酵)、ウーロン茶(半発酵),又は紅茶(全発酵)をできます。それにしても、どんなの茶樹はどのようなお茶に相応しい、それは基本の経験で選びます。違い品種の茶樹と産地特性は個別の香気成分と適合製造性と考量して、茶農は自分が作りたいお茶と産地気候、土壌など特徴を検討して、適用な品種の茶樹を栽培します。

     

    発酵は茶葉中のカテキン(catechins)と酸素を結合して酸化作用になります。カテキンの酸化物のポリフェノール重合体:テアフラビン(theaflavins)、テアルビジン(thearubigins)等、紅茶の茶湯の色と味に作用します。一般的に言えば、重発酵の場合、茶葉は赤くなります。それは発酵の効果です。重い程、茶湯の色はオレンジ赤色になります。発酵作用はお茶の味を決める作業です。カテキンは酸化作用にお茶の蛋白質分解してアミノ酸、配糖体で香気成分を出る仕組みになります。それも茶湯の香気と味に影響します。ですから、製茶の人は自分の経験で最適な発酵程度をコントロールする必要になります。

     

    焙煎(Roasting)の目的はまず茶葉の含水率を減少するためです。茶葉の含水率は多い場合、お茶は不安定になりやすいです。焙煎(Roasting)で水分をなくなって、保存しやすくなります。再び温度で乾燥し、茶葉の香りと風味を変わることができます。焙煎後のお茶の方が甘いだけでなく、香りも深くなり、隠し味になります。茶湯の色は焙煎後暗くなります。それは発酵後の茶湯色はオレンジ赤色とは違う効果です。

    それぞれの茶葉は発酵と焙煎効果

  • の入れ方

    正しいお茶入れ方は茶葉の最高なセンスを引き出して、間違い方法ではどんな良質なお茶にしても品質をうまく出せなくて、勿体無くなります。良いお茶を淹れるのはあまり難しくはないけど、下記三つポイントを注意すれば、好きな美味しいお茶を入れることが出来ます。

     

    茶葉の量

     

    多すぎな茶葉の量で茶湯は苦味を抽出しやすくなり、少ないなら茶湯の味は薄くなり、味はあまり引き出せなくなります。通常の茶葉の量は7gの茶葉と250ccのお湯、正確な茶葉の量を測ります、グラムを測れる秤を推奨します。またスプーンで測ります。茶さじ一杯は約3g、二杯の量約7gです。ところが、スプーンの測り方は半球型や球型ウーロン茶を適用しますが、條型のウーロン茶または紅茶の場合、茶葉の体積の制限で、二倍スプーンの量には同じ7g重さぐらいになります。

     

    湯温

     

    人それぞれ好きな湯温も違います。一般的に、非常に高温度の熱湯で注いで茶湯は苦味成分が抽出しやすく、低い温度のお湯では茶湯の味を引き出せなくなります。台湾のウーロン茶に対して、おすすめお湯温度は約95°Cです。100°C沸騰されたお湯を少し落ち着かせる簡単な方法は沸かしたお湯をもう一つ容器に入れて、またその容器から茶壷や茶杯に入れます。沸騰されたお湯は容器で移ると温度約5°C-10°Cの熱を下がります。

     

    時間

     

    長い淹れる時間で茶湯は渋味が抽出しやすくなります。おすすめ淹れる時間は2-4分間です。原則として重発酵、焙煎したの濃香型ウーロン茶が淹れる時間は少し長い方です。ところが、高山茶や包種茶の淹れる時間は短いです。実際の淹れる時間は個人好きな味より調整できます。

     

    上記の三つ要素を把握して、皆様は自分好きなお茶を作れます。この三つ要素以外、水質、水の硬度、茶具も茶湯の品質を影響します。ある地域の水の硬度が高い、ミネラルは多い、お茶の風味が落ちます。茶具の中に茶葉はよく回転できるスペースがあるように、茶葉の成分を充分に引き出せます。また品質が良い手作りの功夫茶壷で淹れるとお茶の旨味と風味もさらに高めます。

  • 功夫茶を入れる

    功夫茶を入れ方は毎回淹れる時間はあまり長くはないです。茶湯の味を把握して、お茶の淹れる味の変化を楽しめるため、功夫茶を入れのは良い方法です。前言ったお茶入れ方の茶葉の量、湯温、時間も三つ重要なポイントです。

    功夫茶を入れる茶壷はよく容量が小さいのを使われています。一般的には、半球型や球型のウーロン茶と言って、茶葉の量は壷の底に一段薄くの茶葉を置きます。濃い味が好きな人は一段から二段までにします。條型の茶葉は例えば、包種茶、茶葉の量はもう一段多く入れて、或いは倍にします。功夫茶壷の形状は不一致なので、ここで言うの茶葉の量は参考のみです。ある茶壷の底部分はとても大きく、同じ一段の茶葉の量なら違い形状の茶壷の場合、お茶湯の濃度も違います。もう一種類の測り方は6-9gのお茶の量と125ccのお湯、以上は参考用のお茶の量です。やっぱり個人のお好みによります。

     

    おすすめのお湯温度は95°Cです。簡単な入れ方は一回で60秒、1分間お茶入れ用砂時計(Hourglass)で測って、簡単に毎回深い味のお茶を楽しめます。一回目の60秒のお茶は薄いと感じたら、時間を調整して70秒までに増加できます。その後の淹れる時間はそのままで、第四回、第五回の味薄くなったら、毎回10-15秒ぐらい増加してみて、茶湯の味を濃くなります。以上の淹れる時間は参考用です。お茶の味が濃い方を好きる人にとって、お茶の量を多く置くと、淹れる時間を少し短く調整できます。

     

    功夫茶の参考方法は多く、違い茶具も検討できます。例えば、相異の材質の茶壷を使うことは変化になります。基礎的なお茶の量、湯温、時間三つ要素を把握して、ほかの調整で個人のお好みによって、好きな美味しいお茶を出来上がります。

  • ルーズリーフティー(Loose Leaf Tea)とティーバッグ(Teabags

    通常に美味しいお茶を飲むように、家で一人で飲むか友達と一緒に飲むことでもほとんどルーズリーフティーを購入し、相応しい茶具と方法でお茶を入れます。美味しいお茶をいれるのは入れ方が大事ですけど、一番基本的なところやっぱり良い茶葉を用意することです。良い入れ方で更に深く味わえます。

     

    しかし、大体の状況は例えば会社で勤務、出差、外出、旅行等、普段使ってる茶具は持ちにくいです。こんな時に便利なティーバッグを使えます。または外国人や若者に対して、ティーバッグは普段お茶を飲みやすい商品です。

     

    多くのティーバッグ産品は市場ポジショニング、製品コスト等の考量で小さく砕く茶葉が入れられています。こんな小さい砕く茶葉のせいで茶湯は渋味を抽出しやすくなり、一般の消費者のイメージはティーバッグのお茶の品質は悪いです。多くの外国人でもウーロン茶ティーバッグだけ飲んだことはありましたが、高品質の茶葉のお茶を飲んだチャンスはないです。近年、一部お茶のブランドはルーズリーフティー(Loose Leaf Teaを三角ティーバッグに入れて、茶葉は充分なスペースの中に展開できます。消費者は入れたお茶が通常にある風味を引き出せます。

     

    ティーバッグは便利性のため出た製品です。現代の人は忙しい生活の中に便利なお茶を飲める製品です。このような製品を選ぶ時に、消費者は立体三角ティーバッグの生産国と材質をご注意して方がよろしいです。熱湯の中に入れる製品なので、ちょっと慎重に注意するだけで自分の健康を守れます。

  • 機械摘みと手摘み

    茶樹に茶芽の成長位置の場所が違って、手摘みなら適用な茶芽を取りますが、その後の製茶加工作業にも有利です。機械摘みなら効率は高いけど、取れた茶芽は長さ揃ってないので、成熟度も揃ってないです。老化葉、破片の葉を取れ率は高く回ります。近年、大勢な茶農は茶園管理を重視始めます。植え技術と採集技術の更新しながら、機械選出と枝除去で機械摘みの品質は更に大幅な進んでいます。

     

    茶園の労働力不足なのは長い間ずっと存在してある問題です。お茶の繁忙期にしても人手不足のため、お茶はいつも良い時期で摘めなくて、半発酵茶の製造作業にお茶の摘み時期はとても大事です。良い時期で摘めないとお茶の品質を影響になります。

     

    機械摘みの方が早いです。一番良い時期で摘採できれば、高級品お茶を出来上がる完成率は高いです。気候不良の状況を避けて、大幅にお茶の品質を高める、茶園人手不足しても、わざと茶葉の含水量低い時期に手摘み方式でお茶を摘採するのは簡単なことではありません。

     

    手摘みと機械摘みの製造原価の差額を問わず、お茶の品質だけで比べるなら、恐らく、手摘みの方法で良い時期に摘採完成できれば、その後の萎凋作業なども間に合うと、手摘みのお茶の品質は機械より良いと予想できます。しかし、採集の時に人手不足、結露残留や雨の日強行摘採して、こんな時のお茶の品質は良い時期に摘んだお茶よりあまりよくならないです。機械摘みと手摘みの比較では、摘んだ生葉の状況だけで判断できません。良い摘採時期に取れて、その後も適当な日光萎凋作業をして、製品になるお茶の品質に対し大きな影響を与えます。

×
Currency in NTD (New Taiwan Dollars)
Worldwide Shipment
Payment via Paypal, Credit Cards, or TT
×
Regarding privacy protection, freshtaiwan will not offer any of your personal information provided during online shopping including your name, email address, Tel. no., address, etc. to any companies, groups or individuals. Your personal information is used only for freshtaiwan to arrange shipment and customer service.