• 茶器

    手作り茶壷(ろくろ茶壷)、ハンドメイド急須、天目茶碗、建水、鉄瓶、アクセサリー

    茶壺、茶缶、天目茶碗、建水

    茶壺、茶杯

    茶壺

    茶壺

    茶壺、茶缶、茶海、茶杯

    天目茶碗、青瓷杯

    茶海、茶缶、茶杯、湯呑み、砂時計、茶盤、茶托

  • 楊金本

    茶壺(ちゃふー)、茶缶、天目茶碗、建水

    楊金本の職歴

     

    1969 台湾台北市生まれ
    1993 個人工作室を成立
    1995 台北市陶芸類室外芸術家を選ばれ
    1999 国立国父記念館茶器展示会
    2000 アメリカ国際ELTAC陶芸展示会
    2002 新北市立鶯歌陶磁博物館百壷呈祥招待展
    2004 第2回台湾陶磁金質賞 佳作
    2016 第6回台湾国際金壷賞 審査推薦賞
    2017 新北市立鶯歌陶磁博物館 個人展

    楊金本先生は15才から陶芸を学び始めて、血液型A型の特質は完璧主義者なので、擬古磁器の中に几帳面スタイルもあり、全ての作品の輪郭まで美感を厳しく求めます。それ以後各段階の作品まで深くて長い影響を与えました。

     

    1993年工作室を成立して以来、ずっと茶壷の鏡面仕上げの研究と創作を集中しています。泥釉を使わず、器具造形美を追求するのは貫いたこだわりです。楊金本先生はこの理念を持って行動します。「お茶のために壷を作り、壷のために壷を作ることではない」お茶を飲むことはお茶が主役、壷は脇役と思っています。お茶はメインで壷を作ります。それは製作者としての思想の方向性です。外観の表現だけ求めるではなく、お茶と壷の組み合わせ効果を引き出せる理念を持ちまして、楊金本先生は茶壷の泥料、器具造形、実用性すべて粋を追求します。

    古典風綺麗な器と蒼勁の刻字、自然の茶壷の味を漂っています。

    般若心経或いは大悲咒の刻字作品、手作りの茶壷珍品です。

    良い陶器にはクラシック輪郭を追求すると把握することだけではないです。更に胎土を研究して、泥釉を修整しなくて、研磨の胎土はほとんど枯れて光沢ないものを見えて、魅力に乏しいです。何度も失敗して、また試して、原料と温度の要因を分かりました。表面乾く光沢なしの欠点を改善できます。泥釉で塗りつける表面にならないし、ピカピカで深い味がないのものならない、原料特性と温度コントロールの部分で改善できます。でも、原価は増加になるし、失敗のリスクも高くなります。毎回完成品は窯から出来上がったら、ネフライトのような光沢を透けて、細緻な優しさ、古樸なセンスを出ています。全ての努力は楊金本先生にとって価値があります。こんな厳しく要求こそ、楊金本先生の茶壷は古樸なセンスと光沢を持っています。市場にこんな作品はとても珍しいです。

    梨行造形の単色壷、細緻で優しく古樸な自然光沢を示します。

    数年前、楊金本先生は油滴天目を見かけて、その多様変化、豊富なカラー釉色深みがあることを注目しまして、創作イメージのチャレンジ精神を引き出します。心で静かによりカラフルな釉色を焼きたいと希望します。2015年、各条件を揃って、この長時間に心を縛った創作力をやっと発揮できて、「伝統的な油滴器もう満足できません、必ずチャレンジし続けて精進します。」以上、このお話は楊金本先生のインタビューです。なぜ楊金本先生は2017年鶯歌陶磁博物館の会場で、透かし彫り高足油滴茶盞シリーズ作品を出展することを理解できます。

    曜変天目:透かし彫り高足油滴茶盞

    曜變天目:透かし彫り低い足油滴茶盞

    2017年の鶯歌展覧会に二部分を含みます:「艶出し器シリーズ」、「曜変天目シリーズ」。「艶出し器シリーズ」のメインは茶壷です。楊先生壷を作り二十数年以来、しっかりの底味を溜まって、泥の胎土や器の形どれもじっくり味わえます。古典と革新のバランスの中で適切に把握します。もう一つ部分「曜変天目シリーズ」は壷、茶碗、茶倉と透かし彫り高足茶碗です。透かし彫り高足茶碗は特に2017年展覧会のポイントです。一個ずつ透かし彫り高足油滴茶盞には泥料の配合、艶出し、透かし彫り及び釉薬等技は芸術創作生涯の中に新しいマイルーストーンです。曜変釉を取り組んで、「顕性」と「不顕性」色をアレンジして、味は深く雅致があると見えますが、元の色を隠して、お茶を茶碗に注いで、水と光りの相互作用で色のグラデーション表現は目の前に変換展開します。造形に新たないいアイデアを加えて、高めた圈足は碗(身)も高くなり、高温した釉色の流れ表現をより見やすくなります。圈足に唐草透かし彫り紋飾りがあって、曜変釉の視覚による重量感を下がれます。萼が綺麗な茶碗を持ち上がるようなお花を的茶席の間に咲いています。

    天目茶缶

    藍光銀斑天目杯

    般若心経或いは大悲咒の刻字建水

    楊金本先生の作品は大陸、台湾に高い知名度があります。楊金本先生は自分の力を尽くして手伝いたいと思います。世界のほかの地域に台湾のろくろ工芸を広げたい、チャンスを作ると思います。台湾壷工芸の深さと中身を見せます。近年天目釉の作り方を試して、泥料の深さを研究と準備の上、将来楊金本先生は新しい創作を作り続けて、期待できます。

  • 丘子立

    茶壺、茶杯

    丘子立職歷

     

    1959 生まれ
    1985 宜興壷の売買
    1991 個人工作室を成立
    1994 当代陶壷創作展を入選
    1995 ハス茶事陶壷展
    1995 八百半デパート陶壷連合展
    1996 台湾本土高齢中年若手陶芸名家連合展
    1996 台湾現代陶壷連合展を入選
    1997 八百半デパート陶壷創作展
    1997 陶林悅舍壷芸展
    1997 ハス茶事陶壷茶芸連合展
    2008 第一回金壷賞設計コンテスト展入選
    2009 第二回金壺賞設計コンテスト展入選佳作

    丘先生は集中して壷を修理する仕事をしています。

    壷を好きなので、壷を作ります。壷は百形相が有って、しかし、好きな壷だけ作ります。プレッシャーはない、好きな壷が良い壷.....
     

    丘子立先生が陶芸領域を入る話、ほかの陶芸家と全然違います。民国70、80年代、丘先生はお茶のビジネスを参入し、茶荘を経営して、お茶を入れてお客さんとお話しながら、そのうちに壷のことを少しずつ分かりまして、当時に良い壷はほとんど大陸の宜興からのです。その時に両側の関係はまだ緊張段階でした。大陸壷の出どこは不安定でした。お客さんは買いたい壷、よく注文してくれたのに、物は届かないの状況で丘先生もとても困りました。

     

    まさかこんな困りで丘先生は自分で壷を作ってみようという考えは燃えって始めました。丘先生は当時先生を見つけて陶を学び始めました。三回授業後、大体ろくろの基礎を理解して、自分で一台のろくろを購入して、毎日ろくろで練習していました。ある期間を練習してみたら、ろくろの仕事大体上手にできました。前、壷を販売した経験を積んだ知識と壷に対する了解を利用して、丘先生は最初作ったのは几帳面な壷形、その後、自分で考えた特殊な造形:ヒョウタンと竹節壷、丘先生の作品の中で主な項目になります。伝統的な茶壷と比べて、造形は全然違います、味もより一層になります。

     

    丘先生は自分のヒョウタン造形茶壷にホロとういう名前を選びました。年の経験と創作の冒険を加えて、丘先生のホロ壷はまろやか熟成になります。急須の市場に丘先生の壷はとても人気です。窯から送り出されるとコレクターとフランチャイザーに購入されて、とても市場で大人気の茶壷です。

    ヒョウタン造形のホロはまろやかな形でとても人気です。

    竹節壷は丘先生もう一つ人気がある作品です。竹壷は似たような発音名称で竹節壷シリーズの名前を付けました。同じろくろで作り方ですが、丘先生は壷身、取手、鈕に竹節と割り竹をつけて、竹と同じの色で、竹節壷でお茶を入れると竹で作った茶壷でお茶を入れると同じ、別な風味があります。

    竹を観察しながら、いいアイデアで竹節壷が出来ました。祝福の意味を含まれています。写真は建国百年竹節壷です。当代陶芸茶壷博物館で収蔵しています。

    ミニ壷は丘先生もう一つよく出来た作品です。一般的に小さい容量の茶壷の工芸作業はとても熟練しなければなりません。製作する際、慎重に対応する必要です。大勢なコレクターやOLはこんなミニ壷に対して非常に興味があります。

    ミニ壷のセットは観賞収蔵用、茶を味わう用もとても最高です。

    多数の陶芸家と違いまして、丘先生は土鉱の原色変化を拘ります。まろやかな茶壷の光沢は温度と酸化の還元作用の技法をコントロールすることです。台湾本土土鉱でろくろ前の練土は陶土の比例を調整できます。化学工程出身の丘先生は土の中の鉱物質と金属成分はかなり重視しています。微量成分ですが、比列の微調整でよくひらめく結果は出ます。取手、鈕等細かいところの変化を加えて、丘先生の一個ずつ壷は唯一無二の作品になります。

    窯にいれたの仕掛品

  • 阿銘師

    茶壺

    阿銘師(曾政銘)職歴

     

    1995 銘坤壷芸工作室を成立

    1996 省内第四回手工芸コンテスト入選出展

    1997 鶯歌陶磁博物館第一期工程の落成、作品は入選出展

    1997 第一銀行陶磁週出展

    1998 台湾代表作品として南アフリカAPSAの国際ビエンナーレ入選出展

    2000 省内第八回手工芸コンテスト入選出展

    2000 南アフリカAPSA国際ビエンナーレ再び入選出展

    2001 鶯歌陶磁カーニバル博物館に招待され"百壷呈祥"出演及び出展

    2001 "聯合報"と"中央日報"のインタビュー

    2005 新光三越で陶磁大展"窯火千年"出演及び出展

    2012 大愛テレビニュースチャンネル"台湾真情臉譜"インタビュー

    2012 大愛テレビ"匠心獨運百工図"コーナー、個人インタビュー

    陶芸工芸師阿銘師(本名曾政銘)鶯歌国宝級ろくろ大師阿万師の姪っ子です。阿万師からろくろの技芸を伝承されました。阿銘師の作品で阿万師の影も見えます。

     

    阿銘師1965年初に製陶世家で生まれて、小さいから陶を学ぶ、1995工作室を成立しました。茶壷の品質を追求して7年間をかけまして、台湾の山区に辿り、適用の陶土を探し、山で持ち帰った土はほとんど雜質が多いや焼き温度は足りないのせいで全然使えませんでした。高山の土質もテストしてみました。7 年以上土肌を培養しました。それは心の中に高品質の茶壷をこだわります。

     

    作品のメインは伝統的な壷形です。阿銘師すべての作品は手作りです。鉱土で製作、土肌は焼く前に、土黄色から高温で焼いた後赤泥色になり、お茶を入れる際、お茶と味を高めるメリットがあります。

    ろくろで作る茶壷(YouTubeのビデオ)

    ろくろで作る茶壷(YOUKUのビデオ)

    自分の観察から、両親が何年も陶器の形をあまり変えず、阿銘師は異なる壺を作ることを望んでいた。自分の茶壷でお茶を入れてより水質と喉ごしを感じれるだけでなく、器の美感も追求し、収蔵するほど宝になります。かつて星空を見て、阿銘師がひらめいた、星を茶壷に入れたらいいじゃない、そのようなアイデアはいいけど、一粒々白い粒子の星茶壷を作ることはかなり困難で、白い粒子は作りにくいし、ちゃんと出来てない場合もあり、あるいは亀裂が出やすいです。材料の準備から違う生産工程まで。とても慎重に対応必要です。星空茶壷を手のヒラに置いて目視検査してみて、優雅の器から極めて細緻的な触感の表面処理まで、手放せないぐらい大事なものです。

    古典的美しい星空器形の茶壷です。

    古典的美しい星空器形の潘壺です。

    ほかの陶芸創作者と同じ、阿銘師は仕事でも挫折とつまずくことを遭います。こんな時に阿銘師は山へ散歩して、大自然を触れながら落ち着いて失敗の理由を考えて、どうやってつまずくことを乗り越える、この方法で阿銘師は新しい考えを探し続けて、自分の陶芸技法も精進し続けます。

  • 吳振達

    茶壺

    呉振達職歷

     

    1970 鶯歌に生まれ、家族世代事業は陶を作ること、父親呉國龍は壷製作業界の名人。

    1986 父親の伝承があり、壷を作る人生を始まる。

    1996 逸陶工房を成立し、茶壷作るのを熟考し研究する。

    2003 国父記念館 の「陶壺傳芸-呉國龍、振達、振成父子名壷展」。

    2005 鶯歌鎮名家ろくろ壷及び茶具特別展示会。

    2006 大統領府及び国立台湾工芸研究所の「茶顔観色-茶具工芸特別展示会」。

    2006 行政院芸廊「茶言茶趣-茶具工芸展」。

    呉振達先生の父親呉國龍は彼の一生が壷を製作する工芸を投入しました。鶯歌で陶を作るの半世紀を超えました。透ける薄さのろくろ技で特徴として、つやつやした薄胎壷は軽々持て、高い伝統的な技芸の美しさを見せます。国宝級ろくろ茶壷大師曾財萬と並び称されます。呉振達先生は父親からの伝承で「壷」を作るの趣味も受け取って、「良い壷は熟成工藝、実用価値とバランス美学、三大特質を揃えって、伝統的な形式の中に革新技を加入し、実用と観賞兼備する茶器になります。」と思っています。

     

    伝統的な工芸の中に革新を探しながら、呉振達先生は父親の言葉で教育すると身を持って教えるのも忘れず、壷を作る作業中のことを思い出して、父親はよく指摘しました。壷を作る時に急ぎは禁物です。気持ちの動きはろくろで粘土を回す力に関わっています。薄胎壷はとても薄いです。力加減あまり出来てなかったら、壷を作る工程は一瞬で失敗します。まず心は安定、落ち着いて、安心、それは父親はよく口で言った指示です。若い時の呉振達先生はこのお話を聞きましたが、数年後、やっと父親は「壷」を作る考えを本当に体験し、理解できます。それは人生に迎える態度です。呉先生は上記の気持ちで作った茶壷、自然に作品中もこの「安定靜」の精神を伝われています。

     

    呉先生は父親が壷を作る工芸を学んで、粗いや細い胎土成分を調整して、高めの焼結温度で入れたお茶は美味しくなります。父親から受けた配土、用土の知識を伝承して、全部自分でやります。壷を製作前の泥の洗練、組み合わせ、準備製作等工程、壷を製作者の経験の結晶を積んでいます。結構な時間をかけて作ることは変わらないですが、作品の一致性の品質を維持するため、呉先生は終始このやり方を拘ります。心の中に一番良い壷を作るためです。

     

    山でやっと見付かった原鉱岩の材料。

    日焼け、雨に濡れた風化後の泥。

    土石は比例により水と混合、研磨、かき混ぜる、篩にかける、混ぜる、最後水で土餅を作ります。

    出来た土餅はピニール袋である程度時間に保存し、その後使えます。これは用土。

    呉振達先生の茶壷の種類は多樣的、各種特色があります。台湾では人気商品です。日本で販売されるのはもう15年以上になります。中国大陸市場にもある程度の知名度はあります。伝統的な茶壷以外、下記は特殊なタイプを紹介します。

    春の壷 (春の急須)

    春はいろんな樹木はいきいきと成長時期ですが、使える樹種の葉を集めて、葉の紋理、葉脈を坯土に石刷りをします。紋理、葉脈ある茶壷を焼いて、出来上がります。春の葉は一番よく出来てますので、毎年春の時期だけ春の壷を作ります。一年の中に一回限定の春の壷を作ります。逃したら、また一年を待たないといけないです。

    緞泥壺

    明るい色の緞泥壺は日本人が大好きです、日本への主要な輸出モデルとなっています。

    薄胎壺

    父親の薄胎工芸技を伝習して、呉先生の薄胎壷も同じ軽く使いやすい、非常に驚かせます。

    原土紫砂壺

    消費者は養壷しやすくため、一般的なろくろ壷は化粧土を使いますが、呉振達先生の原土紫砂茶壷は表面に精巧な細工、化粧土を使わず、忠実な原始胎土を表して、控え目な雰囲気、古樸スタイルの壷を好きな愛用する方に注目されています。

    氷煙紫砂壷

    お茶を入れる時に、お湯で茶壷の上から壷のふた、壷身に注いで、水蒸気は湯気のような上昇します。お茶を飲む以外、観賞もできて楽しみです。

    呉振達先生の氷煙紫砂壷のビデオ

    絞泥壷

    緞泥と朱泥二種色が違う坯土を技法で混合して、二色の絞泥壷になります。あらゆるミックスされたエフェクトとパターンは、独特の感触を持ち、ユニークな作品です。

    普段茶壷の製作以外、呉振達先生と奥様林淑華と一緒に室外活動して、仕事と休みの間にバランスをよく取れています。大自然とのふれあいで、陶芸仕事はもっと新しい発想を貰えます。

  • 吳偉丞

    茶壺、茶缶、茶海(ピッチャー)、茶杯

    呉偉丞職歴 

     

    1976 台中県 烏日郷に生まれ

    1994 明道中学美工科卒業

    1999 国立台中商専商業設計科卒業

     

    展示会

    2002 台中市立文化中心個人展示会

    2004 台中県立文化中心個人展示会

    2006 台中市立文化中心個人展示会

    2008 芸術品.造形芸術 台灣当代陶芸展 北京中国美術館、陶磁とミクスト メディア特別展示会 陶芸博物館

    2010 台湾陶磁金質賞招待展 陶芸博物館

    2012 台湾陶磁金質賞招待展 陶芸博物館

    2014 大器非凡 容器、芸術、 クロスオーバー特別展示会 陶芸博物館

    2015 韓国2015京畿世界陶磁ビエンナーレ 本色共感:東亞伝統陶芸招待展 京畿陶磁博物館、台北国際当代芸術博覧会、高雄芸術博覧会

     

    受賞

    1998 第三回大墩美術展示会美術工芸部優選

    1999 台北陶芸賞 創作組佳作

    2000 第六回台湾金陶賞 入選、中華民国国際陶芸ビエンナーレ入選

    2001 台北陶芸賞 入選、南投陶芸賞 優選

    2002 台湾陶磁金質賞優選

    2003 大韓民国世界陶磁展入選

    2004 南瀛美展入選、玉山陶芸賞優選、大墩美術展示会工芸類優選、台湾陶磁金質賞入選

    2005 台北陶芸賞入選、大墩美術展示会工芸類優選、国家工芸賞入選

    2006 台湾陶磁金質賞單品銀賞

    2007 台湾陶磁金質賞セット銀賞、台湾陶磁金質賞單品銀賞

    恥ずかしがり屋、あまり喋らない、呉偉丞先生が人に与える第一印象です。おとなしい先生は人を話す時に頭の中でよくいろんなシーンを浮かべて言葉を超えました。慎重派の先生はその場で感じた最高なフィーリングをカットして、繊細な組み合わせて、自分の心の中に一番の画像を作り出します。

    呉先生の作品は言葉で言えない冷静と強気の雰囲気があって、観賞したら先生の考えとアイデアを感じます。作品に入れた構想と境地は完全に縛らない自分を表します。普段のような美しい物事を観察して、大地の霊感を運用して、自分の作品に転換します。自分の作品は大自然のような、まるで自然そのもの、自然の哲学、美学及び現代のエコ意識を融合して、天人合一重視し、人と自然を調和できる宇宙論です。芸術の命に加えて、さらに創作の視野と中身を開拓できます。現代の独特的な芸術創作を洗練されます。

    創作の方向性は実用な陶芸はメインで茶器、花器、食器等含まれています。生活でよく見かける器具です。ろくろでの作り方は主要な造形方式、たまに陶板も使えます。ガス窯で焼き加減の効果を表現調整できます。日本陶芸雑誌に紹介した技を不断に研究し、学生時代にデッサン、水彩、水墨画、書道、篆刻、撮影、木工等を学習したおかげで、しっかり基礎固めするので、呉先生の作品は独特的自分らしくスタイルです。

     

    自分の芸術理念を実現するため、焼き方法は繰り返しの実験と何度も違いの表現方式をお試して、最後選んだのはガス窯と燻し加えて、この方法でセラミック素地は高温焼結(しょうけつ)で水が漏れない、燻し焼きできた古風の楽しさを表します。木材や炭は焼く燃料、精密な生素地の成分を計算して、窯を入れ方式、焼き加減、焼き効果を最大に発揮して、個人独特的スタイルになります。作品の中に表面は滑々やつぶつぶの触感と色の変化、それらはガス窯の中で烈火の痕跡でした。古風で自然に出ただし、青春の力は流れてきます。黃色、オレンジ、白、黑、灰色等色の運用で作品は冷たいけど綺麗また生命力を豊富的な感じます。

    呉偉丞先生はアフリカとアジアの原始芸術に関してとても興味あります。率直と力入れの部分は好きです。よくアジアの原始陶器や青銅器や鉄器の姿と筋状を観察して、一番魅惑的な美しさはあまり飾りがないのシンプルな造形と思っています。それでも、当代建築の観賞と熱愛も作品の中に入れました。呉偉丞先生は各種の顔立ちも興味あるの陶土建築士です。作品の中に現代建築は重要な元素のその一です。各部分或いはシンプル化、おおげさ、作り直すこと、自分の想像と形式を融合して、新しい美感を作り出します。この世界のすべて美しい物事を観察しながら、打散らす、カット、加工作り直す、一個ずつの作品を出来上がり。美感、いいアイデアを表現して、ある部分の機械と工業元素は大事なポイントで古い、サビを付いた工業品が特別な美感を感じさせて、生活実用性ある法則を従って、いつものの通常状態から抜け出して、單純に視覚上見えた姿を味わって、各種の可能性を構築し、視覚の感動を追求します。

    伝統的な茶海造形と違って、呉先生は現代風の作品には独特なデザインと質感を表現しました。

    呉偉丞先生の作品を見ると、作った生活器具の中に、感じたのは東方美学の融合と日本民芸スタイルの影響を受けて、人間化方式で作った器です。簡単な、素朴な、人に親切な美感です。自然に深い感情を出て、生活の美しさを作たの渇き。

  • 蔡明旭

    天目茶碗、青瓷茶杯

    蔡明旭は宋代の天目茶碗がだい好きです。何年もかけて天目茶碗の焼き製造を研究しました。計算できないほどの実験をしまして、完全にユニークの青紫緑曜光の天目茶碗を作り出しました。この天目茶碗は一般の照明の下に、自然に明るい青、紫、緑色になっています。懐中電灯で照らしたら、細目と色の転換効果はより見えます。非常に個人的スタイルの天目茶碗です。

    ユニークの青紫緑曜光の天目茶碗です。

    ピーコック尾の羽のような青紫緑つけた斑紋、とてもきれいです。

    当初蔡明旭は自分のフェイスブックにこの天目茶碗の写真をアップしたら、すぐ各洲各国の陶芸家の注目を集まってきました。英語で喋れない人でも、自分の母国語で例えば、スペイン語やアラビア語で友達の招待が出てきます。一つの作品はこんなに世界中多くの国の陶芸家からたくさんの注目と高く評価されます。それはその独自な理由があります。

     

    蔡さんは釉薬、焼き加減等方法を研究と実験し続けて、ワインレッドバラゴールド茶碗、控えめ大人しいブラックシルク釉漿杯、ときめきシルク兔毫杯等、将来はまたほか斬新な作品を出品します。

    珍しいワインレッドバラゴールド茶碗は脱俗超凡の上品な綺麗と現れます。

    湯茶は入ってる時にときめきシルク兔毫茶碗はよりキラキラ輝く見えます。

    茶人が控え目大人しいブラックシルク釉漿茶碗に相当惹かれます。全体に掛けられた漆黒(しっこく)の釉(うわぐすり)、その内・外面の黒い地に銀色に兎の毛に見えるから兎毫盞もいい、日本では稲穂に似ているところから禾目天目(のぎめてんもく)といわれている。

    古樸な自然マット表面の青瓷茶碗

    光沢があるの青瓷茶碗

  • 大古鉄器

    鉄瓶

    大古鉄器は世界中最大の水上バイクのスクリュープロペラメーカーの般若科技株式会社(SOLAS)の創立者林允進が作りました。SOLASは世界中の水上バイクスクリュープロペラ100%市場占有率を占めています。世界中のモーターボートのスクリュープロペラの市場占有率も40%高く占めています。スクリュープロペラ製品の技術と効能に関して、非常に独特なところを持っています。

    林允進は夢のために造船業に入りました。愛のために大古鉄器を製作しました。

    林允進は研究開発したロストワックス鋳造法です。

    数年前、奥様の愛で林允進は大古鉄器を創立しました。奥様蔡秋琦は歯科問題で歯科医のアドバイスを求めたところ、歯科医は鉄器(アイロンウェア)の壷や鍋を使うように勧め、より健康になりました。この理由で、林允進は日本で鉄鋳物の壷と鍋を探しました。しかし、先古技術もう失伝したため、日本で見付かった鉄製の壷や鍋器は砂型で鋳造した物なので、長く使ったら亀裂が出る可能性があります。その上に、一部の産品のインテリアには、黒い塗装が施されているものもあり、無害まで出来るか疑います。奥様に安全な鉄壷と鉄鍋を使えるため、林允進は会社にある設備で精煉後の淨化陶磁製造金型を研究開発できました。伝統的な鉄鋳物の壷と鍋を製造方式と全然違います。失蠟法で鉄壷と鉄鍋を鋳造します。「この方法で人工関節とスクリュープロペラの羽根の製作と同じ、出来た壷は空気穴はないため、サビを付きにくいです。成型後、外側に防錆塗料を塗り付けて、壷の中に塗料を塗り付けません。鍋中に亜麻仁油で数回塗りつけて、重くないし、安全に良く使える鉄製の食器を作り出します。」 林允進のコメントです。

    日本人は大好きな「樸茂」壷です。

    中身は塗れず鉄鋳物の壷で水やお茶を沸かす間、第一鉄 (Fe2+)は少しずつ解放されて、人体に吸収しやすいです。食べ物の鉄分は第二鉄(Fe3+ )酵素の転換で第一鉄(Fe2+)なったら腸に吸収できます。日本の長寿村の中に鉄器を使用する習慣あるため、多数の百寿者は鉄分不足や貧血の状況はありません。人間の体に約4-5gの鉄分がありまして、その中65%の鉄分は赤血球の血色素の存在に繋がって鉄原子と酸素分子の結合したら酸素を運ぶことできます。赤血球には細胞核がなくて細胞再生できません。鉄分は排泄物と皮膚細胞から流失されます。男性は毎日平均的に0.001gの鉄分を流失します。女性は毎月生理期あるため、毎日平均的に0.002gの鉄分を流失します。鉄鋳物の壷や鍋を使ったら、体は鉄分の吸収をアップできます。

    造形特殊的な「金玉滿堂」壷です。

    事事如意と同じ発音の「柿柿如意」壷です。

    独自創作した失蠟鋳造法は鋳鉄食器の純粋な材料品質を求めるため、林允進は最終的に汚染されていないブラジルの鉄鉱を選んで大古鉄器を製造します。消費者の健康と安全を保障します。林允進はこう言います。「大古鉄器の宗旨は愛を分かち合い、自分を愛するのは飲食から始まります。我が社生産したのは世界中一番良い鉄鋳物の壷や鍋です。大衆利益を優先する拘り、仏は指示し続けると信じます。」この高い品質の拘りで、大古鉄器はドイツと欧州連合の関連標準を守ります。国際SGS認証も合格して、製品は鉛、カドミウム、クロム、ニッケル、銅、マンガン、コバルト、アルミニウム等の重金属或いは人体に有害の物質は全て未検出です。2016年台湾精品賞も獲得しました。

    SGS 試験報告 P1

    SGS 試験報告 P2

    SGS 試験報告 P3

    大古鉄器:鉄瓶の紹介

    愛妻の気持ちからスタートして、自分が得意な技術を利用し、林允進の大古鉄器で水を湯でたら甘くて美味しく健康また安全な食器になります。または大古鉄器が台湾の文化と特色は明らかに民族文化を中心としてよく発揮できます。当地の芸術家邱錦緞先生と協力し合い、竹工芸で大古鉄壷の彩りを添えり、竹編品の触感は暖かくて快適と感じます。台湾独特な芸術の美しさを展開できます。

    大古鉄器の鉄瓶ペーパーウェイトは色々なカラーがあり、実用品だけではなく、可愛い飾り物です。日本觀光客の人気の商品です。

  • アクセサリー

    茶海、茶杯、湯呑み、砂時計、茶盤、茶托

    台湾製ろくろハンドメイド急須、鉄瓶などお茶の入れる道具以外、フレッシュタイワンはほかの実用性ある茶器付属品もあります。茶道好きな方にとって別なニーズと選択肢になります。

    茶海(チャーハイ、ちゃかい)

     

    茶壷中に淹れたお茶は時間長すぎで苦くならないため、茶海(公道杯の名称もあり)は用意されています。入れたお茶を暫く茶海に移します。お客さんの茶杯にまだお茶を飲み終わってなくて、茶海は暫く作ったお茶を置ける良い道具です。茶海はあと一つ機能です。違う時間、回数で入れたお茶を茶海に注いでミックスしたら、より一層味のお茶になります。

    伝統的な白磁または特色のある現代風茶海はフレッシュタイワンでこの便利な茶道具を売れています。ぜひご来店くださいませ。

     

    茶杯(チャーペイ、ちゃはい)

     

    各種類の天目茶碗、青磁茶碗、ひょう紋付けた湯呑み、現代風茶杯、天灯茶杯、白磁茶杯など、消費者購入検討できるため、心使い多様で特色あると質感を兼ね備える茶杯は用意されています。

    天青色の青瓷茶碗

    兔毫天目茶碗

    志野焼似る模様の白磁湯呑み

    ひょう紋付けた湯呑み

    青瓷つけたハンドメイドのきれいな湯呑み

    緑青磁つけたハンドメイドのきれいな湯呑み

    砂時計(すなどけい)

     

    よくお茶の淹れた時間を忘れてた?淹れた時間長すぎでお茶苦くなった?電子時計は便利だけど、設定はいります。時間になったらアラーム鳴る音はとてもうるさいです。フレッシュタイワンの竹製砂時計は1分と3分二種類です。お茶を入れながら、砂時計を見るだけで家族、友達とお茶を飲みながらおしゃべりして、静かにピッグリならない、とても実用なグッズです。

    高品質な竹製の砂時計

    茶盤(チャーバン、ちゃばん)

     

    功夫茶を入れる時に、水やお湯溢しやすい、テーブルの清潔を維持するため、茶盤は良い器具です。茶壷、茶海、茶杯など茶器は茶盤にまとめると、溢された水は直接に茶盤の底に流れて、清潔で整理しやすい、楽しくお茶を入れることはできます。台湾の竹製茶盤はとても軽い、精巧な細工、品質良くて、すこしぶつかりでここの茶器はそんな破損しやすいではない、鑑賞できるし個人品茶スタイルも表現できます。

    台灣生產の高品質な茶盤

    茶托(ちゃたく)

     

    お茶出しをする時に茶杯の下に茶托を敷いてお客さんに差し上げます。衛生だし、使いやすいし、竹製茶托の断熱効果が良いし、精緻で美しい、大勢な客またはお客さんと間を空ける場合、茶托は高級感溢れて便利なお茶出しグッズとお勧めます。

    實用がありの台湾製の茶托

×
Currency in NTD (New Taiwan Dollars)
Worldwide Shipment
Payment via Paypal, Credit Cards, or TT
×
Regarding privacy protection, freshtaiwan will not offer any of your personal information provided during online shopping including your name, email address, Tel. no., address, etc. to any companies, groups or individuals. Your personal information is used only for freshtaiwan to arrange shipment and customer service.