• 金萱烏龍茶(ウーロン茶)

    説明

    風味:マイルドな花の香り、ミルクの香り、繊細な野菜風味、爽やかな快適な喉越し。

     

    茶園:この金萱烏龍茶はある優秀な製茶技術の製茶名人からのです。彼はよく台湾中部エリアのお茶コンテストを参加し、いつもトップ賞を取ります。この製茶名人とほかの茶農の連携でお茶の生産知識を共有し、台湾で食品検査専門のSGS会社に依頼してお茶検査をして頂きます。こんなやり取りはお茶の専門家らが永続経営の手本です。

     

    摘採:機械摘み

    地域:台湾南投県松柏嶺

    標高:400メートル

    品茶記

    この金萱茶は典型的自然なミルクの香りがあります。しかし、このミルクの香りはほかの特徴を隠さないし、お茶湯の味にミルクの香り、少し甘さ、夏の花園の中の新鮮果物のような、爽やかな香りを漂ってながら、人工的の添化物は全然ございません。

    産地

    このお茶は私たちが知っている製茶名人の中に最も活躍している焙茶師が提供したお茶です。この茶師は全部の台湾中部烏龍茶コンテストをほとんど参加し、世界知名な台湾烏龍茶コンテストも含み、コンテストでいつも上位を獲得します。実例は連続2年南投県金萱凍頂茶の特等賞を取りました。近年、ある凍頂茶コンテストには大勢な世界中良い凍頂茶の茶師はいます。彼は6000件お茶の中から第四位の良い成績を取りました。自ら始動、学習し続ける性格の理由で彼は製茶領域の中にトップレベルとは言えます。

     

    金萱茶は台湾茶業改良場が二種類の茶樹で栽培できた新品種です。台茶12号と呼びます。虫害に当たらないように免疫力をアップし、茶葉の産量(大きめの葉)を増やすため、台茶12号を栽培することになりました。一番知名な特徴はミルクの香りと滑らかな味わい、収れん作用です。

     

    茶園の標高は約400メートルです。ここの産地の茶園は比較的に平坦ですし、機械摘みに合います。機械のやり方は二人は茶樹の両側に立ちながら茶摘み鋏を操作し、採れた茶葉は真空吸引器で後ろの袋に入ります。機械摘みは一斉に一定の割合の葉と枝を採るが、この便利な方法は、朝遅めに採れた生茶が正午前に室外日干萎凋(晒青=シャイチン)の作業を完成させるように間に合います。製茶に対して正午前に日干萎凋の作業を完成できるのはとても重要な理想タイミングです。手摘みでは理想な生葉を採れ状況をコントロールできるけど、大勢な人手いるので時間はかかり過ぎですし、早朝から摘み作業をスタートして、屡々生葉の露は完全に蒸発することを待ちきれない。機械摘みのスピートと効率が良いので、毎日の製茶条件をコントロールしやすいです。加えて、生茶摘みの人工労働力はすぐなくなる問題は台湾のお茶産業に対しとても大きな問題です。ですから、機械を将来的に摘採することは比較に現実的な方法です。

  • 四季春烏龍茶(ウーロン茶)

    説明

    風味:悦ばせる花の香りと滑らかな粋なフルーティーの香り、後味の甘さと収れん作用。

     

    茶園:この茶園は永続経営タイプの実験茶園ですし、地元には相当特別なところです。この地区で通常に一般の茶園には一年の中に5~6回摘採をするし、この茶園は3回しか摘採しません。少なめな摘採回数で茶樹より自然的に成長できるし、より成長ための養分を供給できます。この辺はほとんど機械摘みをおこない、しかしこの茶園のオーナーは人力摘採と拘り、少量生産で品質優良なお茶を産出できるようになります。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾南投県松柏嶺

    標高:400メートル

    品茶記

    この四季春烏龍茶が練熟の技術で発酵しまして、良い花の香りを出ます。強烈な果物の香りもあります。口当たりはバランス良いし、後味は甘くて長く持ちます。このお茶に惹かれるの特徴は最初の花の香り、次に新鮮なイチゴの味、最後は複雑な香りから繊細な香り、その転換することに驚かせます。

    産地

    約1981年、台北木柵にいる茶農、彼の茶園には自然に育てた新品種の茶樹を発見しました。この新品種は非とても台湾の気候に慣れています。その時からこの茶種は安定な生産と独特な匂い性格で、非常に人気があります。現在にこの茶種はいろんなところに広がって栽培されていますし、台湾には独特な烏龍茶です。四季春の名称の由来はこの茶樹一年四季にずっと成長できるので、四回摘採できます。その爽やか、香り等の特徴で特殊な烏龍茶になります。

     

    この四季春茶を生産する茶農は非常にお茶コンテストでは活躍しています。全て台湾の烏龍茶コンテストを参加するだけでなく、世界知名な烏龍茶コンテストも参加し、よくいろんなコンテストでいつも上位を取っています。

  • 文山包種茶(ほうしゅちゃ)

    説明

    風味:新鮮な草香、いいバランスの花の香り、天然の植物のミルク香り、爽やか、香醇の後味。

     

    茶園:この茶園は台北と北部海岸の間の低い山にあります。この地区は十九世紀中期からお茶を生産していました。包種茶農は今の台湾茶産業の中に小さい枠だけです。しかし、この家庭式経営している茶園は地方製茶の伝統を保留しています。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾坪林

    標高:600メートル

    品茶記

    文山包種茶生葉を採れた後の製茶ステップは少ない、純粋な特質を持ちます。ほかの烏龍茶のやり方は似てます。基礎のステップは日光萎凋(晒青=シャイチン)、室内萎凋(凉青=リャンチン)、発酵(摇青=ヤウチン)、ドラム式加熱など含まれています。しかし、包種茶は低発酵10-15%の間だけの作業です。

     

    包種茶の茶葉はドラム式加熱と停止発酵の段階をしてから、揉捻で条索状になりましたら、乾燥の処理に入ります。こんなやり方で茶葉の元の特質と茶葉中の化学成分を保留できます。この上に、包種茶は緑茶や白茶に近いし、茶葉は重揉捻の烏龍茶や碾かれた紅茶のようになりません。

     

    シンプルな製茶作業で包種茶のオリジナル、新鮮の緑の葉の特徴を保留します。特別な匂いと香りのため、包種茶は自分の領域の中に独自のスタイルとなります。包種茶は優雅の特別な香気を持ち、充分な低発酵、バランスが良いセンス、これらの特徴で包種茶は緑茶と相異を分けて、高山茶やほかの伝統な烏龍茶でも違います。

    産地

    意外に採れたて生葉は低発酵で緑茶の特色を保留できることを発見しました。普通の緑茶の製茶目標は採れたて後、生葉の新鮮度を絞めて、速やかに乾燥の作業を入り、生葉から乾燥まで作業の期間に、完全に新鮮度を絞めることは言えないけど、包種茶のやり方は何となく発明されました。数世紀以来、緑茶は中国大陸に歴史ある主要な茶種ですし、台湾もお茶を植えました。しかし、十九世紀後期に台湾から西洋諸国へ輸出するのは半発酵した烏龍茶がメインになりました。

     

    包種の名称は文字上を翻訳すると“包装された形”読みます。包種茶は最初から確かに単一色茶色の紙で包装しました。こんな古い包装方式で包種茶は生産後でも酸化(発酵)し続きます。茶商は保存時間でお茶の風味と価値を増加できると思っています。現在、台湾は老茶を探す際、包種茶はよく考慮される選択です。理由は包種茶の葉はあまり変形されていない、半球状や球状のお茶と比べて、多めな空気との接触面積です、酸化スピードを加速されます。包種茶は繊細な製作作業と酸化しやすい理由で包種茶は十九世紀以来ずっと人気ある茶種です。

  • エコ農法クチナシ烏龍茶(ウーロン茶)

    説明

    風味:花の香りとお茶の香りの組み合わせ。豊富な悦ばせるウーロン茶の特質で好きになりそうの花の香り、爽やかまた強烈なウーロン茶の喉越し。。

    ​​​

    茶園:一口茶が連携している仲間茶園の中に最も創意を富むし、製茶方式はいつも改善し続いているパートナーです。茶園の所有者は、近くの茶農家と一緒に、長い茶葉を植えた歴史あるの南投県松柏嶺で大きいな自然栽培の茶園を経営するカップルです。野生の古い茶の木から現代栽培の品種まで、プロセスを電気制御方式を開発し、特別に風味のついたお茶を製造できます。

     

    摘採:機械摘み

    地域:台湾南投県松柏嶺

    標高:400メートル

    品茶記

    このお茶は自然成長した翠玉茶と四季春茶二種類の生葉をミックス生産しました。普通はこの二種類のお茶は緑色のウーロン茶を出来ています。このお茶は軽く発酵しただけで不焙煎です。相当な発酵作用で元の花の香りと草の匂いは既に醇化されていますが、伝統的なウーロン茶の味のような複雑な香り、滑らかさ、そして良い味を保持しています。

     

    生産処理後このお茶に手摘んだクチナシを入れて、非常にバランス良い花の香り、特別豊富な、充実な発酵されたウーロン茶のベースでこのお茶は非常に特別と飲みやすい。このお茶はホットや水出しで飲むと非常に美味しく飲めます。それが魅力的なのは、功夫茶で伝統的なウーロン茶の複雑な性質を味わうことができるし、同時に、花のエッセンスの本質を持ち、喜びと複雑な口当たりを作り出すことです。または茶葉を水入れる容器に入れて、室温で水に浸かって数時間、或いは冷蔵庫に一晩を置かせて、翌日朝すぐ飲めます。その日の中に、水出し茶の味はよく美味しくなります。

    産地

    南投県の松柏嶺には過去の数十年に確かに長い間のお茶の栽培歴史を持ちます。最初に1950年代から在来種の茶樹を伝統的な生産方式で特定なお茶は生産していました。その後、暫くの間に機械で大量生産モードになりました。ところが、最近まだ伝統的な方式に戻りました。伝統的な栽培方式は標高高いお茶と競争できませんし、代わりに低品質のお茶を生産し、飲料工業の原料を提供することになります。終に、こんな方式は海外大規模の経済生産の競争に犠牲し、続けませんでした。

     

    それにしても、過去の10年に一口茶は松柏嶺のお茶生産の転生を目の当たりにしました。この茶区には新種の茶樹の生産地に変わりました。例えば、金萱茶、四季春茶、翠玉茶、あと最近始めた在来種の武夷岩茶でもあります。自然(エコ)農法で各品種の茶樹を栽培するだけではなく、伝統的な製茶技術と現代科学方法を応用して、松柏嶺のお茶は自分の特質を生まれ変わることに出来ました。

  • 阿里山高山烏龍茶(ウーロン茶)

    説明

    風味:新鮮な草の香、バランスのとれた花とマウンテンミルクの香り、爽やかな香ばしい甘いのど越し。

     

    阿里山区は台湾高山茶区の最南端であり、北回帰線はこのエリアに通過しています。低緯度には充分な日照があるので、このエリアの北側茶区はより良い茶葉栽培の環境を持ちます。阿里山高山茶は好みの味、豊かな内容とバランスのとれた香りで有名です。茶道入門しやすい高山茶とは言えます。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾阿里山

    標高:1200メートル

    品茶記

    阿里山高山ウーロン茶は新鮮な花の香と草の香で有名です。このお茶は繊細でバランスの取れた甘さと渋みを持ち、非常に新鮮な味わいと鼻に残る心地よい香りを与えます。その匂いはとても優雅で花の香り、甘味、少し葉の苦さの複雑な組み合わせで、こんな特性で阿里山高山ウーロン茶は広い有名です。

    産地

    このお茶の生産エリアは嘉義県であります。近年に発展された高い標高の茶区ですが、徐々に市場の良い評判を得ています。それだけではなく、この茶区で生産されたいろんなお茶はよくほかの茶区の茶葉コンテストを頻繁に参加されています。

  • 杉林溪高山烏龍茶(ウーロン茶)

    説明

    風味:爽やかなフルーティーの匂い、滑らかバランス繊細な青草の特性、きれい、満足的な後味。

     

    この茶農家は登録追跡システムを導入し、いつも農場の肥料、農薬規格など全ての管理活動を記録することができます。このシステムも採収された茶葉の年度の化学残留物試験を行うことを協力して、試験結果は非常に一貫しており、安全範囲内にある。また茶農家と提携して製茶工場を政府授権した公衆衛生システムから毎年一回の検査を受けて、製茶作業中の茶葉をランダム検査を行います。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾南投県杉林渓

    標高:1500メートル

    品茶記

    台湾高山茶には一つ有名な特徴があります。お湯で注いだばかりのお茶は良い香りにします。一回目、二回目淹れた後、鼻で茶壷中のにおいを嗅いで、ゆっくり吸いながら、新鮮な漬けたお茶から出てきた特殊な香気を体験できます。同じのやり方を繰り返して、毎回注いで香気の変化を感じることができます。この香気は高品質な高山茶のも最も面白いと繊細な本質であります。

     

    このお茶は適量な発酵作業されまして、特性を目立たせます。甘さ、多様なレベルの香気、滑らかな、バランスが良い風味、少なめな花の香りだけど、多めな果物の香りやケーキのような香気です。酸化(発酵)作用でお茶の中身があるのスタイルになります。少なめな青草の匂い、複雑だけどバランスがいい、滑らかな味わいと表現します。。

    産地

    この茶農家は非常に堅持して新鮮な収獲の茶葉(生葉)はすぐ同茶園半分標高の工場へ送り、より理想的な気象条件で制茶。詳しく言うと低標高のところは日照時間が多い、少なめな霧、広い室外の空間でお茶を干せるので、烏龍茶にとって始めの製茶作業には非常に重要な段階です。それは提供したのは最高な日干萎凋(晒青=シャイチン)環境です。こんな専門な茶園管理と環境に優しいやり方―標高高い茶園ではなくて、生葉を低標高の工場へ送るし、製造することになります。弊社はこんな高品質生産の台湾高山茶の茶園と提携できて、とても喜んでいます。

  • 大禹嶺高山烏龍茶(ウーロン茶)

    説明

    風味:良いバランスの中に甘味の香り、バターのような滑らかな喉越、繊細な香、果物の味、後味が濃厚なデザートの香気です。

     

    大禹嶺、この地名は台湾最高級高山ウーロン茶の生産茶区です。一口茶はとても幸運で世界最上お茶の一つ製品を取得し、販売しております。

     

    一番高い標高大禹嶺茶区は標高高いところお茶生産の最もよい描写と見なされます。高い標高の理想的な気候条件と開発された植え付け方法で大禹嶺高山茶が有名になりの主な原因です。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾大禹嶺

    標高:2200メートル

    品茶記

    この大禹嶺高山茶の発酵程度はとても特別です。同じ地域ほかのお茶の発酵度を超えて、発酵度は20-25%に達します。一般の高山茶の発酵度10-15%を超えて、元の軽い、花の香、新鮮な軽発酵の特徴から果物の香、豊富性、滑らかな高山ウーロン茶の特性に変わりました。少なめな爽やかな緑茶の特質だけど、多めなウーロン茶の属性になります。

     

    一口茶は専門家の紹介を通して、高い発酵度の茶葉を作る茶農家を知ることは非常に幸運です。高い標高の気候条件のお蔭で生えて来た青心ウーロン茶の木の葉から繊細な香気を出来ます。その気候なので、高山茶の成長も遅いし、茶葉は厚くなりながら、豊富な中身になります。これらは大禹嶺高山茶が有名な理由です。大禹嶺高山茶が独自なスタイルを発展できまして、高級なお茶になります。滑らかな、爽やか多様な喉越、明らかな収れん作用が良い後味であります。

    産地

    大禹嶺のウーロン茶は台湾に一番良い高山茶と見られています。台湾茶葉改良場が認可した有機質肥料と化学農業用品だけこの辺の茶園で使えることになります。特殊な気候で大禹嶺で最高品質の高山ウーロン茶を生産できます。

     

    数十年以来のビジネス宣伝で消費者は低発酵、爽やかな緑の高山茶を好きになることが多いです。発酵が高い高山茶はなかなか出てなくなります。しかし、近年、ゆっくり製茶者は専門家や成功茶商などのニーズに応じて、高い発酵度の高山茶を生産することは増えています。

  • 凍頂烏龍茶(トウチョウウーロン茶)

    説明

    風味:リッチで胡桃の木な煙、甘い香りがあります。強烈、複雑な焙煎特性及び強い収れん作用の後味です。

     

    茶園:このお茶は凍頂山にある永隆村からのです。永隆村は鹿谷郷にあるほかの村と違い、非常に肥沃な土壌があります。その肥沃な土壌と大きい上手な製茶職人のため、永隆村から出来た凍頂茶は特殊な風味を持ちます。ここの茶園は伝統的な家庭製造の凍頂茶の親子父子が経営し、彼らお茶はかつて世界最大烏龍茶コンテストの金賞を獲得しましただけでなく、地方の伝統式凍頂烏龍茶のコンテストでよく上位を取ります。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾南投県鹿谷

    標高:700メートル

    品茶記

    凍頂ウーロン茶は中発酵茶、中焙煎以上のお茶です。充満、強烈、複雑な特性であります。

     

    最初口に入れたの口当たりは焙煎果物、マツの木、ヒドロキシ酸をミックスした複雑な味になります。味覚では焼き甘いとうもろこし、ナッツ、果物の香り、強い収れん作用はあります。

     

    一口茶の凍頂ウーロン茶は正統の根源には伝統的なやり方で烏龍茶を製造し代表します。こんなお茶は粋な焙煎技術を表現し、深い味の組み合わせを仕上がります。

    産地

    このお茶は南投県鹿谷郷に標高700メートルの高さの凍頂山にある永隆村で生産されました。よく賞を獲得できる父子茶農が共同管理する茶園で製茶します。このお父さんは特別なセミナーでは自家の居住地域の5名製茶長者のメンバーとして、若い製茶者たちに伝統的な烏龍茶の作り方を伝授しています。

     

    永隆村と鳳凰村は凍頂山より高いエリアです。ここの土壌は肥沃な赤土ですし、鹿谷ほかの土と違い、その上に、村に大きい上手な製茶職人がいるので、当地生産される凍頂茶は特殊な味わえます。

  • 重焙煎エコ農法烏龍茶(ウーロン茶)

    説明

    風味:明らかな乾燥木材のアロマ。人々が愛する豊かな重焙煎のキャラ、無添加ドライフルーツとフルボディな香りなどの後味があります。

     

    茶園:一口茶が連携している仲間茶園の中に最も創意を富むし、製茶方式はいつも改善し続いているパートナーです。茶園の所有者は、近くの茶農家と一緒に、長い茶葉を植えた歴史あるの南投県松柏嶺で大きいな自然栽培の茶園を経営するカップルです。野生の古い茶の木から現代栽培の品種まで、プロセスを電気制御方式を開発し、特別に風味のついた茶葉を製造できます。製茶のプロセスと加工方式にはこのお茶は一番独特な製品と見えます。

     

    摘採:機械摘み

    地域:台湾南投県松柏嶺

    標高:400メートル

    品茶記

    このお茶は採収後すぐ重発酵したの四季春茶と金萱茶二種類のお茶をミックスして、こんな組み合わせでまたは独特な製茶方式を加えて、お茶の風味をより広げてバランスが良くなります。特定な比率で二種類のお茶を特製して、一年を置き生産後の自然発酵をして、数回の焙煎作業の中に、毎回20時間を低温焙煎して、3ヶ月一回の焙煎作業して、3回作業してから、お茶は焙煎状態を達したら、また一年に置きます。この間に自然な予想の状態に転化し、最後、真空パッキング販売する前に、最終な低温軽焙煎でお茶の湿気を無くします。こんないろんな伝統的と現代独特の製茶方式で出来上がったお茶、北区の猫空の鉄観音烏龍茶のことを思い付く、この二つお茶は茶樹の種類と製茶方式の上ではそれぞれです。重焙煎の烏龍茶の性格と風味、確かに台湾の伝統的な鉄観音烏龍茶を思い出します。

    産地

    南投県の松柏嶺には過去の数十年に確かに長い間のお茶の栽培歴史を持ちます。最初に1950年代から在来種の茶樹を伝統的な生産方式で特定なお茶は生産していました。その後、暫くの間に機械で大量生産モードになりました。ところが、最近まだ伝統的な方式に戻りました。伝統的な栽培方式は標高高いお茶と競争できませんし、代わりに低品質のお茶を生産することで、飲料工業の原料を提供することになります。終に、こんな方式は海外大規模の経済生産の競争に犠牲し、続けませんでした。
     

    それにしても、過去の10年に一口茶は松柏嶺のお茶生産の転生を目の当たりにしました。この茶区には新種の茶樹の生産地に変わりました。例えば、金萱茶、四季春茶、翠玉茶、あと最近始めた在来種の武夷岩茶でもあります。自然農法で各品種の茶樹を栽培するだけではなく、伝統的な製茶技術と現代科学方法を応用して、松柏嶺のお茶は自分の特質を生まれ変わることに出来ました。

  • 鉄観音烏龍茶(テッカンノウウーロン茶)

    説明

    風味:強烈、焙煎の香気、充満、強烈に暖かい穀物匂い、干し果物と温暖に収れん作用。

     

    茶園:このお茶は台北木柵区の茶園からのです。木柵区にお茶を生産するのところは猫空ですし、お茶を生産歴史も長いところです。このお茶は生産中、二種類違い品種のお茶をミックスします。金萱茶は一口茶と協力している台北坪林の山の包種茶の茶農家からのです。鉄観音茶は台北市外側の木柵の山にいるこの茶農家自分の茶園から採収しました。木柵、坪林にはお茶生産の歴史は既に長いし、台北地域の三峡とも十九世紀からお茶を生産していました。

     

    茶園のオーナーは小さい鉄観音茶園を経営して、自家工場で製茶しています。この鉄観音茶は半分鉄観音茶、同じ製造作業の金萱茶をミックスして、生産しています。こんな取り込む方法は鉄観音茶なら普通な方式です。猫空農業協同組合の鉄観音茶のコンテストには大会に参加するお茶はほとんど金萱茶は鉄観音茶の方法で生産しています。一口茶の連携茶農家は二種茶葉を混合し、鉄観音茶の製造作業で原始の烏龍茶の特性を提供できるし、鉄観音茶の産量も増加できます。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾木柵/坪林

    標高:300メートル/500メートル

    品茶記

    鉄観音烏龍茶の製茶作業はほかの烏龍茶と比べて特別です。“殺青(シャイチン)”や“酸化停止”の作業工程で茶葉まだ高温中、部分の揉捻と乾燥します。布に包んで丸くして、そのまま乾燥箱に入れて、加熱します。お茶の汁液で葉を蒸します。このやり方は鉄観音烏龍茶を繊細な味わい、特殊な良い香りを続けて非常に個性なお茶になります。この製茶方式で重発酵、重焙煎で鉄観音烏龍茶は強さ、多種なレベル、特別な味わいと漂っています。

    産地

    伝統な製茶方法は一番大事なのは焙煎処理の作業に関わります。これは二つ作用があり、一つは予想出るの茶葉特色になります。もう一つは安定なお茶の風味です。要するに、伝統のお茶はより長い賞味期限を持つし、自分らしさの匂いもあります。この観点から、鉄観音烏龍茶は地域産地の伝統な製品の良い例です。19世紀に台湾北部に植えられた樹種は、中国大陸本土に由来し、今まで伝統的な茶の加工方法は進化を続けています。。

  • エコ農法レモングラス紅茶

    説明

    風味:レモングラスの甘さの香り、バランスが良い特色、滑らかなレモングラス、蜂蜜とナッツなどの香り。

     

    茶園:一口茶が連携している仲間茶園の中に最も創意を富むし、製茶方式はいつも改善し続いているパートナーです。茶園の所有者は、近くの茶農家と一緒に、長い茶葉を植えた歴史あるの南投県松柏嶺で大きいな自然栽培の茶園を経営するカップルです。野生の古い茶の木から現代栽培の品種まで、プロセスを電気制御方式を開発し、特別に風味のついた茶葉を製造できます。

     

    エコ農法の行いと自ら深い製茶知識を所有することで、弊社がこの夫婦は作ったお茶を広げたい及び協力したいと思います。

     

    摘採:機械摘み

    地域:台湾南投県松柏嶺

    標高:400メートル

    品茶記

    この紅茶は製茶の後半作業(揉捻と乾燥)の前に、エコ農法栽培したレモングラスをミックスして、この特別な香りの紅茶にレモングラスの味を加えて、とても快適、爽やかになります。このお茶は水出しやホットでも美味しく飲めます。おすすめ入れ方は95°Cのお湯で注いで濃い味の茶湯、冷却後氷を足して、そうすると茶湯は蜜香と甘味を自然に出ます。同時に元々ホットで入れた味は保留されます。

    産地

    南投県の松柏嶺には過去の数十年に確かに長い間のお茶の栽培歴史を持ちます。最初に1950年代から在来種の茶樹を伝統的な生産方式で特定なお茶は生産していました。その後、暫くの間に機械で大量生産モードになりました。ところが、最近まだ伝統的な方式に戻りました。伝統的な栽培方式は標高高いお茶と競争できませんし、代わりに低品質のお茶を生産することで、飲料工業の原料を提供することになります。終に、こんな方式は海外大規模の経済生産の競争に犠牲し、続けませんでした。


    それにしても、過去の10年に一口茶は松柏嶺のお茶生産の転生を目の当たりにしました。この茶区には新種の茶樹の生産地に変わりました。例えば、金萱茶、四季春、翠玉茶、あと最近始めた在来種の武夷岩茶でもあります。自然農法で各品種の茶樹を栽培するだけではなく、伝統的な製茶技術と現代科学方法を応用して、松柏嶺のお茶は自分の特質を生まれ変わることに出来ました。

  • 小葉種紅茶

    説明

    風味:甘い果物、果物ケーキ香気、厚み、複雑、バランス良いのセンス、干し果物の匂い、爽やか、すっきりの喉越。

     

    茶園:このお茶は凍頂山にある永隆村からのです。永隆村は鹿谷郷にあるほかの村と違い、非常に肥沃な土壌があります。この茶園は家庭製造の凍頂烏龍茶を承襲した達人父子が経営しています。息子さんはこの地域に初めて晩春と夏時期に採れた茶葉で紅茶を作る人です。彼ら作ったの凍頂烏龍茶のように、この紅茶は私たちが味わった最高の紅茶の一つです。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾南投県永隆

    標高:700メートル

    品茶記

    この紅茶は在来種の青心烏龍茶の樹、6、7月採収した茶葉で製造します。同じの作法はこの茶園で約8年続きました。この茶園はたくさん経験がある伝統的な凍頂烏龍茶を作る人は経営していますが、この若い父と息子はいくつかの革新を行っています。私たちはこの息子さんが夏に採収した茶葉で格別な紅茶を開発し、台湾の茶産業の一般的な傾向を表していると考えんています。

     

    この茶園は伝統的な方式で凍頂烏龍茶を作るから、弊社は好きな供給のメーカーです。近年、やっと知りまして、彼ら作った紅茶はとても特別です。簡単に言えば、良いバランスの味わい、茶葉の個性、ほかの茶農家の小葉種紅茶と比べて全然違います。この若い製茶達人は家族のお茶の木からさまざまな紅茶を作り出す方法を学んだ。茶葉は純正な味と特性ではこの紅茶と一般の紅茶とは違います。豊か完全の風味、快適な味わいに好かれて、香気は焼き立ての梅パイみたい、匂いは爽やか、良いバランス、すっきりし延々な喉越、美味しいデザートワインやシャンパンような美味しく飲めます。

    産地

    この紅茶は40 年歴史ある青心烏龍老茶樹の茶葉で作りました。老樹を栽培する際、部分の枝を縛って地面の高さに調整する必要です。新しい生えて来た軟らかい枝を土に埋めて(圧条法)、茶樹は新しい根を生えてきます。剪定や種が成長する際品質変化を発生ならないように原始の茶樹の特性を保留できる方法です。こんな方式はとても手間かかりますし、長い時間もかかります。普通の茶園は茶樹を入れ替える時に、こんな伝統的な方式をやめて、ビジネスな苗を栽培方法で代わります。母樹の産地と栽培方法は不明なので、新しい苗を購入する可能ですが、樹種の特性を変えることを発生します。

     

    この老茶樹を採収生産の小葉種紅茶の品質は近年の茶樹品種生産したお茶と比べて非常に違います。茶葉の写真を隣の村に住んでいる第四代52歳の茶農家に見せて、現代の品種とは違った外観と大きさを直ちに認識しました。私たちは、茶樹の栽培方式と老樹の品種によって、この茶園は高い価値があり、稀有な茶園になると確信した。ですから、この茶園は弊社がずっと購入するの伝統的な製茶した凍頂烏龍茶の産地です。私たちはとてもうれしくみんなにこの小葉種紅茶を紹介し、家族経営の若い才能のある息子から、彼自身の茶工場で生産されています。

  • 大禹嶺高山烏龍茶ティーバッグ

    ルーズリーフティー(Loose Leaf Tea)を詰めたPLA三角ティーバッグ フィルター

    説明

    風味:良いバランスの中に甘味の香り、バターのような滑らかな喉越、繊細な香、果物の味、後味が爽やかなンやフレッシュな香りです。

     

    大禹嶺、この地名は台湾最高級高山ウーロン茶の生産茶区です。一口茶はとても幸運で世界最上お茶の一つ製品を取得し、販売しております。

     

    一番高い標高大禹嶺茶区は標高高いところお茶生産の最もよい描写と見なされます。高い標高の理想的な気候条件と開発された植え付け方法で大禹嶺高山茶が有名になりの主な原因です。

     

    摘採:手摘み

    地域:台湾大禹嶺

    産地

    大禹嶺のウーロン茶は台湾に一番良い高山茶と見られています。台湾茶葉改良場が認可した有機質肥料と化学農業用品だけこの辺の茶園で使えることになります。特殊な気候で大禹嶺で最高品質の高山ウーロン茶を生産できます。

    PLA三角ティーバッグ フィルター

    従来品と比較して2倍糸が長い

     

    タグがカップの中に落ちにくく、大きなマグカップでも安心してお使いいただけます。また、ティーポットでの抽出にも便利です。

     

    環境にやさしい

     

    フィルターには植物由来のバイオマス素材から構成されたティーロードソイロンを使用。フィルターは元より、タグのラミネート、糸にもソイロンと同一の素材を使用している環境にやさしい製品です。

    1. 土中に埋設すると、加水分解した後、微生物によって完全に分解され、最終的に水と二酸化炭素になります。分解速度は土壌の温度、湿度、PHや微生物の種類と数により、大きく異なります。
    2. 燃焼時には有害ガス(ダイオキシン等)を発生せず、通常のプラスチックと比較して、地球温暖化ガス(二酸化炭素)の発生も少ないです。

    より少ない健康上の懸念

    1. 植物のデンプンを原料として、乳酸発酵及び重合化(ポリ乳酸)などの工程を経て、繊維化して織り上げられた製品です。
    2. 日本生産のフィルターや糸やタグだけでなく、熱湯抽出で有害な物質は検出されません。日本食品衛生法の食品・添加物等の規格基準(第370号)にも合格しています。
    3. 素材のポリ乳酸には静菌性と防カビ性があることが報告されています。

    PLAティーバッグの環境循環

  • 翠玉烏龍茶ティーバッグ

    ルーズリーフティー(Loose Leaf Tea)を詰めたPLA三角ティーバッグ フィルター

    説明

    風味:新鮮なハーブの香り。 緑の葉っぱのキャラクター、やや甘い。 爽やかな花香りの仕上げ。

     

    茶園:この烏龍茶はある優秀な製茶技術の製茶名人からのです。彼はよく台湾中部エリアのお茶コンテストを参加し、いつもトップ賞を取ります。この製茶名人とほかの茶農の連携でお茶の生産知識を共有し、台湾で食品検査専門のSGS会社に依頼してお茶検査をして頂きます。こんなやり取りはお茶の専門家らが永続経営の手本です。

     

    摘採:機械摘み

    地域:台湾南投県松柏嶺

    産地

    このお茶は私たちが知っている製茶名人の中に最も活躍している焙茶師が提供したお茶です。この茶師は全部の台湾中部烏龍茶コンテストをほとんど参加し、世界知名な台湾烏龍茶コンテストも含み、コンテストでいつも上位を獲得します。

    PLA三角ティーバッグ フィルター

    従来品と比較して2倍糸が長い

     

    タグがカップの中に落ちにくく、大きなマグカップでも安心してお使いいただけます。また、ティーポットでの抽出にも便利です。

     

    環境にやさしい

     

    フィルターには植物由来のバイオマス素材から構成されたティーロードソイロンを使用。フィルターは元より、タグのラミネート、糸にもソイロンと同一の素材を使用している環境にやさしい製品です。

    1. 土中に埋設すると、加水分解した後、微生物によって完全に分解され、最終的に水と二酸化炭素になります。分解速度は土壌の温度、湿度、PHや微生物の種類と数により、大きく異なります。
    2. 燃焼時には有害ガス(ダイオキシン等)を発生せず、通常のプラスチックと比較して、地球温暖化ガス(二酸化炭素)の発生も少ないです。

    より少ない健康上の懸念

    1. 植物のデンプンを原料として、乳酸発酵及び重合化(ポリ乳酸)などの工程を経て、繊維化して織り上げられた製品です。
    2. 日本生産のフィルターや糸やタグだけでなく、熱湯抽出で有害な物質は検出されません。日本食品衛生法の食品・添加物等の規格基準(第370号)にも合格しています。
    3. 素材のポリ乳酸には静菌性と防カビ性があることが報告されています。

    PLAティーバッグの環境循環

  • 金萱烏龍茶ティーバッグ

    ルーズリーフティー(Loose Leaf Tea)を詰めたPLA三角ティーバッグ フィルター

    説明

    風味:マイルドな花の香り、ミルクの香り、繊細な野菜風味、爽やかな快適な喉越し。

     

    茶園:この烏龍茶はある優秀な製茶技術の製茶名人からのです。彼はよく台湾中部エリアのお茶コンテストを参加し、いつもトップ賞を取ります。この製茶名人とほかの茶農の連携でお茶の生産知識を共有し、台湾で食品検査専門のSGS会社に依頼してお茶検査をして頂きます。こんなやり取りはお茶の専門家らが永続経営の手本です。

     

    摘採:機械摘み

    地域:台湾南投県松柏嶺

    産地

    このお茶は私たちが知っている製茶名人の中に最も活躍している焙茶師が提供したお茶です。この茶師は全部の台湾中部烏龍茶コンテストをほとんど参加し、世界知名な台湾烏龍茶コンテストも含み、コンテストでいつも上位を獲得します。

    PLA三角ティーバッグ フィルター

    従来品と比較して2倍糸が長い

     

    タグがカップの中に落ちにくく、大きなマグカップでも安心してお使いいただけます。また、ティーポットでの抽出にも便利です。

     

    環境にやさしい

     

    フィルターには植物由来のバイオマス素材から構成されたティーロードソイロンを使用。フィルターは元より、タグのラミネート、糸にもソイロンと同一の素材を使用している環境にやさしい製品です。

    1. 土中に埋設すると、加水分解した後、微生物によって完全に分解され、最終的に水と二酸化炭素になります。分解速度は土壌の温度、湿度、PHや微生物の種類と数により、大きく異なります。
    2. 燃焼時には有害ガス(ダイオキシン等)を発生せず、通常のプラスチックと比較して、地球温暖化ガス(二酸化炭素)の発生も少ないです。

    より少ない健康上の懸念

    1. 植物のデンプンを原料として、乳酸発酵及び重合化(ポリ乳酸)などの工程を経て、繊維化して織り上げられた製品です。
    2. 日本生産のフィルターや糸やタグだけでなく、熱湯抽出で有害な物質は検出されません。日本食品衛生法の食品・添加物等の規格基準(第370号)にも合格しています。
    3. 素材のポリ乳酸には静菌性と防カビ性があることが報告されています。

    PLAティーバッグの環境循環

×
Currency in NTD (New Taiwan Dollars)
Worldwide Shipment
Payment via Paypal, Credit Cards, or TT
×
Regarding privacy protection, freshtaiwan will not offer any of your personal information provided during online shopping including your name, email address, Tel. no., address, etc. to any companies, groups or individuals. Your personal information is used only for freshtaiwan to arrange shipment and customer service.